デトランスαの成分はかゆみや傷みが出るので注意!「使用5年目」

デトランスαの成分

 

こんにちは、みひろです。

 

デトランスαは、医薬品であるため1度使うと次の日は1日中効果が出るほど、成分が強力です。

 

市販のものと比べると、強力であるため、肌に合わなかったりしないか不安になりますよね。

 

そこで、デトランスαを使うと、なぜ、かゆみやヒリヒリとした痛みがでるのか、成分は何が含まれているのか、まとめました。

 

 

デトランスαの成分!それぞれの特徴

  • アルコールデナ
  • アルミニウムクロリッド
  • アルミニウムラクタート
  • プロピレングリコル
  • グリセリルステアラット
  • セチルバルミタット
  • スラミクロクリスタリン

 

とりあえず説明書にはこれだけの成分が含まれていました!

 

意外と少ないですが、う〜んイマイチ見てもピーンとこないなと思いました!

 

それぞれどんな特徴があるのか、まとめてみました。

 

アルコールデナの特徴

 

エタノールのことです。

 

デトランスαにアルミニウムクロリッド入っていて、そのまま使うと効果が強すぎてしまい、人によってはかゆみを引き起こす可能性があります。

 

そのため、中和するためにエタノールが使われています。

 

アルミニウムクロリッドの特徴

 

汗に含まれている水に反応して、汗を分泌する汗腺を一時的にふさぎ、汗を抑えます

 

医療用では多汗症の薬として処方されています。

 

刺激が強いため、かゆみなどの副作用が出ることがあります。

 

アルミニウムラクタートの特徴

 

乳酸アルミニウムのことで、塩化アルミニウムが水と反応するときに、少量の酸が発生することで、かゆみや炎症の原因になります。

 

その原因を中和して肌の刺激を抑えます。

 

プロピレングリコルの特徴

 

無色無臭の液体で、保湿剤、殺菌剤として医薬品によく使われている成分です。

 

グリセリルステアラットの特徴

 

乳化剤として使われている成分です。

 

乳化剤は、水や油など性質が違うものを混ざりやすくして均等な状態にするために使われるものです。

 

セチルバルミタットの特徴

 

別名、パルミチン酸セチルです。

 

刺激が少なくて、肌触りを改良するために配合されていて、肌を柔らかくする働きもあります。

 

スラミクロクリスタリンの特徴

 

物質同士を結合したり、混ざりやすくする乳化安定剤として使われています。

 

医療用で使われいる成分が強力であるため、かゆみや炎症を抑えるため成分などいろいろ入っていました。

 

市販のものでは、医療用の成分の使用が認められていないため、それだけデトランスαはワキ汗を抑えることができるんですね。

 

デトランスαを使ったらなぜヒリヒリやかゆみが出るのか?

 

私は乾燥肌、旦那は敏感肌でぜんそく持ちです。

 

それでも普通のタイプのデトランスαは、かれこれ5年以上は使っています。

 

アレルギーがあるのに使っている理由は、間違った使い方をしなければ普通に誰でも使うことができるからです。

 

確かに、私も初めて使った時は、ニオイがけっこうキツめだったことを覚えています。

 

また医療成分が使われていて強力なため、連続使用をしなければ問題がないですよ。

 

だから、初めての人、肌の弱い人やぜんそく持ちの人は、1週間に2〜3回使うだけでも大丈夫です。

 

また使うタイミングは、お風呂上がりにちょっと塗るだけでもOKです。

 

ただ、ぜんそくを持っている人は、ニオイで気管支が私の旦那みたいに慣れるまでは、塗る瞬間だけ息を止めるか、部屋を喚起して塗った方がいいです。

 

それでも今では、冬は1カ月に一度、夏は2週間に1度ほど塗っています。

 

予備もたくさんあるし、使い始めたときより使用回数は減っているため、コスパはいいですよ。

 

デトランスαの使用方法や注意事項

 

デトランスαの使い方

 

就寝前に必ず清潔で乾かした脇の下に使います。

 

私はお風呂上がりに、しっかり水分をふき取って塗っています。

 

なぜなら、デトランスαの成分が汗によって浸透しなくなって、効果が薄くなるのです。

 

よくしっかり塗ったのに効果がなかった人は、これが原因だと思われます。

 

また、ワキに塗った液が完全に乾くまでは衣服を着ない方がいいです。

 

なぜなら、液が衣服につくと色落ちの原因になるからです。

 

デトランスαの使用頻度

 

使いはじめは、まれに肌がかゆくなるときがありました。

 

これは数回使用するとかゆみがなくなりますよ!

 

私が始めて使った時に、次の日に効果が出たのであまりにも嬉しさで浮かれてしまい、連続使用したためカユみが出ました。

 

デトランスαの成分の効果は強力なため、本当に肌が弱い人はコットンに少し含ませてから、ワキにひと塗りするくらいでも十分に効果があるのでおすすめします。

 

だから、使いはじめに臭いが気になっている人も、連続使用してたくさん塗ると、痒みの原因にもなりますよ。

 

万が一そのようなことになったら、一度、使うのをやめたほうがいいですよ。

 

デトランスαを脱毛後に塗るとヒリヒリする

 

 

脱毛後にデトランスαを塗ってしまうと、すっごくヒリヒリ傷むので、絶対に使わない方がいいです

 

もし脱毛した場合は最低でも2日間は開けた方がいいですよ。

 

このときは、本当にヒリヒリして痛かったです(泣)

 

わずかな傷でもアルコールが染みるので、かぶれる場合があります。

 

これらを十分に守れば私や旦那みたいに、普通に問題なく使うことができますよ

 

また、夜に塗ると言うことなので、誰にも知られないと言うことがメリットです。

 

ワキガが気になる、下手に香水とかでごまかしたら余計に周りの人に気がつかれますよ!

 

でもデトランスαは、周りの目も気になることがなくなれば、次の日にから堂々と会社に出勤もできますよ!

 

だって、まったく臭いがないので!アルコールの臭いなんてたったの5分後にはなくなります。

 

ただ、これ以外のアレルギーについては、正直分かりません!

 

他のサイトはなんて書いているのか分からないけど、私が実際に経験したことしか書いてないので、この他にもアレルギーある人は、医師に相談して購入した方がいいですよ。

 

ほとんどの人は安心して使えると思います。

 

デトランスαは5年以上も使い続けないといけないの?

 

デトランスαの成分の効果

 

私は汗の臭いなどは、完全に消えないと思っています

 

この薬を塗ったらワキガは消えると言うより、ニオイが消えると考えたほうがいいです。

 

手術なんて怖いのでずっとデトランスαを使い続けていくつもりですよ。

 

よく聞くじゃないですか、しっぱいしたり傷が残ったりと…後はよっぽど信頼できる病院でないと、手術代や今後の治療費がどれぐらいかかるのかわかりません。

 

私の経験で話しますが、最初は、頻繁に使うと思いますが、デトランスαは次の日に効果が実感できるので、1週間に2度、慣れてきたら1カ月に1度のペースになりました。

 

実際にお金の価格も最初は公式サイトの場合は、最安値の2,900円から購入できますが、デトランスαはの容器を見ると結構量が少なめに見えます。

 

しかし、毎日使うほどではないため、2カ月に1回、または3カ月に1回の注文なので、下手にワキガの薬やサプリメントでお金かけるよりデトランスαのほうがいいと思います。

 

それほど、デトランスαの成分は強力なんです!

 

だから、使い方さえ間違えなければ、私や旦那と同じアレルギーを持っている人にも使うことができます。

 

⇒デトランスαはこちら